« 人と人とを結ぶのがITである | メイン | 「持たない」ビジネス 儲けのカラクリ »

ビジネスサービスのつくり方 - 第4章 開発

■ 受注設計生産型の開発方式とは

業務システムは、受注設計生産型にマッチしたような開発方式を採用すべきだと言った。ではその開発方式はどのようなものだろうか。お客さんの注文(要求)に対して、そのものズバリのものがないから、ある程度の設計をしてみて、そこでできたものを見てもらいながら、追加・修正を繰り返しながら仕上げていくことである。とてもアジャイル的である。イテレーションとか、タイムボックス、スプリント、あるいはテスト駆動といったようなことを言わなくても、というかよく知らないから、もっとプリミティブに考えている。

まず、お客さんがどんなことをしたいかは、プロセス設計の段階で聞き取りをすることになる。すなわち、プロセスの始点、終点を決めて、その間のアクティビティを書き、プロセス要素表を作成することで大方の要求が見えてくる。そこには、どんな意思決定すなわち、確定するデータは何か、どういう判断をするのかがあり、そこで使われるルールや参照情報、誰が担当して誰が責任を持つのか、何をコントロールするのかといったことが書かれている。

そこでは、まだ確実なものになっていない可能性が高い。人間は紙の上に書いたものだけではいくら想像力をたくましくしても限界がある。ですから、実際に動くものを見せるのが一番早い。それも紙芝居のようなものより、できるだけ実オペレーションに近いものである必要がある。ということは、いくら早くプログラミングできるからといってもコードを書いていたのでは遅いのである。自動プログラミングとかプログラミングファーストとかは業務システム開発にとってはアジャイルではないのである。

実オペレーションのためのプラットフォームで要求をそのままお客さんと一緒に作り込んでしまえればそれにこしたことはないと思いませんか。それには、既にアプリケーションとして確立できていて、設定だけでシステム構築ができるものを使うことになる。ただ、そうは言っても、完全なものはないわけで、やっぱり作り込みがあるはずだと言う反論はあろうかと思います。そうですが程度問題があって、基本的な部分ができていれば良しとする精神が大切です。

よくある作り込みは、ユーザインターフェースとか帳票です。ここにいくと正解はこれですはないわけで、ほとんどが個人の趣味の領域になります。そんなところに注力するのは後まわしにしておけばいいのです。いまや、Webにしておけば何とかなる話です。ちょっとそれる逸れるかもしれませんが、これまでの業務システムが抱えてきた諸問題、例えば、情報連携・共有、システム運用、セキュリティ、資産管理といったところの面倒臭ささはWebとクラウドでかなり改善していると思うのですがいかがでしょうか。

そういう時代です。Webで作ったコンポーネントがクラウド上にたくさんあって、しかも安価に利用できるようになっています。もう何十年も世界中で業務システムを作り続けています。業務システムで必要な機能は、ビジネスモデルが変化していてもそれほど増えていくわけではありません。いまだに同じものをせっせとコーディングするのもおかしいと思いませんか。お客さんと一緒に有り合わせのものですぐに作って、ああじゃないこうじゃないと議論しながらブラッシュアップしていくやり方でいきましょうよ。
   


About

2013年4月22日 10:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「人と人とを結ぶのがITである」です。

次の投稿は「「持たない」ビジネス 儲けのカラクリ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type