« なでしこがどんどん強くなる | メイン | もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(2) »

もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(1)

最近、いわゆるSIerと呼ばれる業態がヤバそうだという話が聞こえてくる。富士通の3万人のSE職の転換とかが話題になった。おそらくどこのSIerも相当の危機感を抱いているのちがいない。従って、そこで働いているエンジニアのかたがたもこれからの行く末に悩んでおられると思う。

そこでちょっと旧聞に属する話で恐縮なのですが、いくつかのブログ記事についてコメントしておきたいと思う。流しておけばいいのだが、どうも根本的なところで勘違いしているようで気になっていたのであえて取り上げておくことにする。まずは、GoTheDistanceさんの「「SIerでのキャリアパスを考える」というイベントに登壇しました」というエントリーで(別に個人的にどうのというのではなく一般論として取り上げてみたのである、湯本君ゴメン)、そこでのプレゼン資料を公開され、その解説が書いてある。

最初の問題提起として、「僕が常々問題にしているのは「上流工程と下流工程が分断されていること」です」と言っている。そして、その工程を分断させないためには、アジャイルでありプログラミングファーストなのだが、それらの開発手法を現実のものにするのは大変難しく、その理由が人月見積もりにあるとのこと。どうも問題の設定と組み立てがおかしいと思うのである。じゃあ、人月見積ではなくて一括請負とか成功報酬契約とかすれば解決するのだろうか。

この上流と下流との分断については、小野和俊さんも中島聡さんの「ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ている」というエントリーを持ちだして同じようなことを言っている。ここのところは重要なのでその中島さんの有名なエントリーの文章を見てみましょう。こう書いてあります。

プログラムの仕様書は料理のレシピに似ている。ソフトウェアのアーキテクトが自らプログラムを書いたり、下っ端のエンジニアの書いたコードをレビューする のは、レストランのシェフが自ら料理をしたり、下っ端の料理人の作ったスープの味見をするとの同じである。もちろん、レストランに行く側の立場になってみ れば、そんなレストランで食事をしたいのは当然である。シェフがレシピだけ書いてキッチンにも立たないレストランには行きたくないし、ましてや自分で料理 したこともないシェフが書いたレシピを元に作った料理がおいしいわけがない。

ぼくはこの意見には与しません。「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」という映画をご存じだろうか。まだ、上映しているというからロングランが続いている。エル・ブリというのはスペインにある小さなレストランであるが、毎年多くの人が予約したがるがなかなか予約ができないという大変な繁盛店です。

そこのシェフがフェラン・アドリアで、この人の創作する料理が出されますが、彼はいっさい調理をしません。料理のアイデアは出しますが、実際に作るのは別の調理人がするわけです。つまり、上流と下流は分断されています。シェフがレシピだけ書いてキッチンにも立たないレストランなのです。フェランは言います。おいしさより驚きだと。

お客さんがああ楽しかった、こんな体験ができてうれしかったといった感動を与えるような料理を作るには上流も下流も意識する必要がないと言っているのではないだろうか。この話からちょっと角度を変えてみてみると、エンタープライズ系の業務システムというのは料理なのかどうかという問題があります。この話は次回に。
 



About

2012年4月 3日 11:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「なでしこがどんどん強くなる」です。

次の投稿は「もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(2)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type